股関節ストレッチ

股関節ストレッチが下半身ダイエットに効くというと意外かもしれませんが、実は股関節と下半身ダイエットには深い関係があるのです。ストレッチが直接脂肪燃焼などの効果に結び付くわけではないのですが、股関節ストレッチをして股関節をやわらかく保つことで、姿勢のバランスが正常なものに戻ります。

この、正しい姿勢というのが下半身ダイエットにとても重要なのです。

股関節が固いと可動域が狭くなり、太ももやふくらはぎなど、余計な部分に脂肪が付きやすくなってしまいます。これが、下半身太りの原因になるのです。股関節の柔らかいダンサーやバレリーナは、下半身がほっそりしていますよね。

それは、股関節がやわらかいからなんです。股関節の周りには、重要な筋肉がたくさんついています。股関節ストレッチをすることで、これらの筋肉も鍛えられ、下半身やせに大きな効果を発揮します。今日からできる股関節ストレッチの一番簡単なやり方をご紹介します。

まず、両足の裏を合わせ、背筋を伸ばしてあぐらをかきます。かかとを自分の身体のほうに引き寄せてから、そのままの状態をキープしつつ、膝を上下に20回ほど動かします。テレビを見ながらでもできる簡単な股関節ストレッチです。

これを繰り返すことで股関節の柔軟性が鍛えられ、下半身にバランスよく筋肉がついて、下半身やせに繋がるのです。股関節のストレッチだけでなく、出来れば全身のストレッチも行ってあげると良いです。難しいストレッチをして長続きしないのでは意味がありません。

食事で下半身ダイエット?下半身太りの改善には有酸素運動やストレッチが一番効果的ですが、食事制限も併用することで、さらに効果が得られます。下半身太りの人が一番気を付けたいのが、塩分をとりすぎないことです。

塩分は体の水分を滞らせてしまうので、体に水分がたまりやすくなります。これが、むくみに繋がるのです。水分は下に溜まりやすいので、むくみは必然的に下半身に多く発生します。そのため、下半身ダイエットをするには、むくみやすくなる塩分は大敵です。(参考元 ... Re:feat ... リフィート

意外に知られていないのが、コーヒーなどに含まれるカフェインも下半身太りの原因になっているということです。カフェイン自体には脂肪燃焼効果があるので、ダイエットなどにも用いられていますが、過剰にカフェインを摂取するのは逆効果です。

体内に取り込まれたカフェインが、鉄分の吸収を阻害したり、むくみの原因に繋がるということが近年明らかになりました。むくみを解消して下半身ダイエットを成功させるには、まずむくみをとれる食事をするのがいいでしょう。

具体的にはカリウムの含まれた食事をするのが効果的です。カリウムは、アボカドやバナナ、カボチャなどに多く含まれています。これらの食事をとることを心がけて、しっかりとむくみを解消し、ストレッチやエクササイズと組み合わせることで、下半身ダイエットにはかなりの効果が期待できます。

合わせて読む:下半身ダイエットには方法がある